HOME» 旅・レポート

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

京都から比叡山までドライブ


京都に行った際、京都のマツダレンタカー京都駅前店でロードスターを借りて、比叡山までドライブに行ってきました。

roadstar1
幸運な事に、マイナー・チェンジして顔が変わった後の最新型を借りる事ができました。
RX-8もマイナー・チェンジ後のモデルが駐車場に置いてありました。レンタカーは、常に最新モデルに入れ替える物なんですかね。。

roadstar2
予約時にマニュアル車を探したのですが、無かったため AT車を借りました。
久々にAT車に乗ったので、始めはちょっと勝手が違ってとまどいました。。乗り方を忘れている。。。

ただ、京都市の狭い路地や山道を通る時など、車幅感覚が違い、緊張することがあったので、逆に運転に集中できるAT車で良かった気がします。

roadstar3
レンタカーなので、「禁煙車」のステッカーがどーんと貼ってあるのが少々残念ですが・・
その下のハザードの両側にあるのが屋根の開閉スイッチです。

roadstar4
屋根の開閉は、これまで触ったことが無くても結構簡単に覚えられました。
車を借りる時にも、レンタカー屋の方がレクチャーしてくれます。

roadstar5
ロードスター・オーナーには何でも無い事でしょうが、窓の開閉スイッチが、センタートンネル上にあるのが、ちょっと変わってます。

roadstar6
ちょっと、意外だったのが、レンタカーにETCが付いていた事です。
自分のETCカードを持って行けば、そのまま使えるという事みたいです。

マツダレンタカー ETC車載器付きレンタカーのご案内

金額は。と言うと、朝10時から8時間のレンタルで以下の通りでした。

車種タイプ スポーティ(X)
車種名 スポーティ1(ロードスター等)

基本料金 11,500円
割引料金(WEB会員+クラス割引 20%) -2,300円
乗り捨て料金 0円
免責保証 1,300円
装備・オプション料金 0円
NOC補償オプション(乗り出し時に追加) 1,000円
合計(消費税込) 12,075円

クラス割引 20% は、「車種を指定しないクラス予約の場合」とありますが、ロードスターの属する「X-1」の場合は、他に車種が無いので自動的にロードスターになりました。
(ひょっとしたら、何かの都合で別のスポーツタイプの車になる事もあるのかもしれません)

装備では、カーナビを付けていますが、カーナビは無料でした。

レシートを見ると、通常の免責補償の他に 「NOC(ノン・オペレーション・チャージ)補償オプション」というのを、乗りだし時に付けてました。
もし、事故を起こした時の車両修理中の休業(ノン・オペレーション)補償を免責するためのオプションだったと記憶しています。(NOCについては、こちらをどうぞ)
乗り慣れない車なので、万が一を考えて一応、付けておきました。

実際、久し振りのオートマだったのではじめはドギマギしたのと、車幅間隔がつかみにくく(RX-8もそうですが、最近の車はスタイリングが良くるためにフェンダーが張り出して居るんですよね。。)運転していて緊張しました。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )