HOME» 維持・整備» メンテナンス

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

バッテリー充電


ガソリンが高くなった。のとは関係なく、電車通勤になって、RX-8には、週に一回くらしか乗らなくなった。
近所の方にも
「最近、乗ってないよね。調子悪くなったりしない?」
「うっ。。」
となるくらい、乗っていない。
そして、まさに言われた通り、あまりにも乗らないため、以前、バッテリーを上げてしまった。それからは、バッテリーの調子を気にするようになった。そして、最近、また、調子が良くない。
3週間くらい前、出かけ先で、スターターを長く回さないとエンジンが掛かりにくくなり、「むむ。JAFを呼ばないとだめか。。」と一瞬、焦った事があった。
が、その時はかろうじてエンジンがかかり、その後、充電を意識しながら乗り回して、エンジンがかかりにくい。という状況は、とりあえず脱する事ができた。
その後もこまめに乗るようにしたが、エンジンは少しかかりにくいし、なんだかスターターも弱々しい感じがする。
そのため、久しぶりにバッテリーを取り外して、充電する事にした。
クリックすると元のサイズで表示します

ゲージを見てみると、青い表示が見えているので大丈夫そうだ。(管理人のバッテリーは、外から確認できる比重計が付いていて、この青いのが見えなくなると、危険サインとなっています
電圧を測ってみると。。
クリックすると元のサイズで表示します
12.39V と意外と高い電圧を保っている。
一応、この後、管理人の持っている充電器で、「リフレッシュ充電」というのと(こういう機能が付いていた)、普通の充電をして、再度電圧を測ってみた。
クリックすると元のサイズで表示します
12.78 V。約+0.4Vだ。ちょっとだけ高くなった。
が、実際に車に載せてみると、エンジンのかかり方ははっきりと違い、ものすごく力強くなった。電圧だけで単純に判断するのは良く無さそうだ。
この後、調子を確かめるために、昨日の駐車場に行ったのだが、駐車場に車を止めようとして、停車する寸前に、「ストン」とエンジンが止まった。クラッチは完全に切れていた。昨日と同じ症状ぽい。
うむむ。。一度、全てリセットされているので、学習が足りないのだろうか。。
今度は、エアコンはオンにしていた。停車する直前なので、それまで、半クラを多用していた。(良く覚えていないが、エンジンが勝手に停止する数秒前までには、間違いなく、クラッチは切っていた)
低速走行で、半クラの多用というのが手がかりかも知れないので、ここにメモ。それにしても。。うむむ。。。
また、その後再現していないが、とりあえず、ディラーに見てもらう事にした。
追記:とりあえず、再現性が無いものの、ディラーに持って行き、検査してもらったのですが、特にエラーは残っていないとの事でした。
ただ、私のRX-8のものより新しい、ファームがあったそうで、リプログラミング(ファームウェアのアップグレード)をしたとの事です。この状態で暫く様子を見てみる事になりました。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )