HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

「MX 5 スーパー20」 @ SEMA 2011


mx-5_super20-2

北米のアフターパーツの展示会 SEMA 2011で、マツダから2台の MX-5(日本名:ロードスター)が公開されましたが、一台は先日ご紹介した「MX-5 スパイダー」ですが、もう一台がこの「MX-5 スーパー 20」です。

mx-5_super20-5
正確に言うと、この「MX-5 Super 20」は、昨年の SEMA 2010で発表されたアメリカでのロードスター20周年を祝ったワンオフモデルですが、今年は外装色をオレンジ・マイカに変更されての再登場となります。

mx-5_super20-13
外装色にマッチするロールバー色です。

mx-5_super20-6
フェンダーが大きく張り出しているのも「スーパー20」の特徴です。

mx-5_super20-11
レザーシートの中央部には、滑り止めも兼ねてスウェード生地が配されています。

mx-5_super20-111
ダッシュボード上にも「Super20」のプリントがされています。

mx-5_super20-15
エンジンにイギリスのチューナー「コスワース」の刻印があります。
スーパーチャージャー付きです。

その他にもアメリカのチューナー「Racing Beat」の「304 ステンレス製ヘッダー&イグゾースト」や MAZDASPEED タワーブレース、「ACT社」の「organic street クラッチ」等々、アフターパーツの祭典に出てくるだけあって、いろいろなパーツがてんこ盛りになっています。

ちなみに去年の SEMA 2010 で公開された 「MX-5 Super 20」 は黒仕様でした。これもかっこいいですね・・・

Mazda MX-5 Super20_02

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )