HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

ミニバンにもSKYACTIV。「プレマシー」をマイナーチェンジ


新型プレマシー_SKYACTIV
とうとうミニバンにも SKYACTIV が搭載されました。
プレマシーがマイナーチェンジを受け「SKYACTIV-G」ガソリンエンジンと、「SKYACTIV-Drive」トランスミッションを搭載されたグレードが3つ追加されています。
(写真は、専用の高輝度塗装された17インチタイヤを装備する「20S-SKYACTIV Lパッケージ」です)

新たに設定された SKYACTIV-G 2.0

「SKYACTIV-G 2.0」を装備し6速ATの「SKYACITV-Drive」と15インチの専用タイヤを履いた2WDモデルは、ミニバントップクラスとなる 16.2 km/L (JC08モード)の燃費を達成したそうです。

このクラスでのベンチマークとmなる1.8L車のトヨタウィッシュが15.8km/L (JC08モード)なので、排気量も大きいプレマシーの方が燃費が良い事になります。

外観、内装の変更

外観上の変更は、新しく設定された「20S-SKYACTIV Lパッケージ」に設定された、発表レターを見る限り17インチの高輝度塗装されたホイールしかないように見えます。後は恐らく SKYACTIV車には SKYACTIVのバッジが装着されると思われます。マイナーチェンジとは言え、見分けるのはかなり難しいマイナーチェンジになっているようです。

外観の変更はわずかな一方、荷室の拡大やインテリアの質感向上も行われています。

「20S-SKYACTIV Lパッケージ」に、ピアノブラックとシルバーで加飾したオーディオパネルおよびエアコンパネルが採用されています。
「20S」および「20S-SKYACTIV」には、オーディオパネルを採用のみがピアノブラックとシルバーで加飾されるようです。
新型SKYACTIV_プレマシー1
(「20S-SKYACTIV Lパッケージ」の室内。クリックで拡大します)

「20S-SKYACTIV Lパッケージ」の室内は、オーディオ周りとエアコン周りにピアノブラックのパネルが採用されています。
新型SKYACTIV_プレマシー_内装2

SKYACITV車のメーター内には i-DM が装備されます。
image

ボディーカラー

ボディカラーは、メインカラーの「ラディアントエボニーマイカ」など既存の5色に加え、新たに「ジールレッドマイカ」、「ジェットブラックマイカ」、「メテオグレーマイカ」の3色が採用されています。

グレード・価格詳細

各グレードや価格は以下の通りです。
image

こちらの記事もおすすめします
  • New Mazda6 MPSがみたい

    SKYACTIVE-Dは載らなかったんですね…
    エキマニも独特の形らしいですしSKYACTIVE-Dが載るのはFC時でしょうか。

  • http://twitter.com/hossy0saka ホッシー

    2行目、「SKYACTIV-D」表記だと、ディーゼルの意味になってしまうので、「SKYACTIV-Drive」とすべきではないでしょうか?

  • mazdafancomm

    ご指摘ありがとうございますm(_ _)m。修正いたしました。

  • mazdafancomm

     こんばんは。既存車の限られたエンジンルームには、SKYACTIV-D は大きすぎるのかもしれないですね・・・後はSKYACTIVエンジンを搭載していないのはロードスターとMPVがありますが、この2車種はそろそろフルモデルチェンジなので、どういうものが出てくるかちょっと楽しみですね・・

Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )