HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

マツダUK Mazda 3をイギリスの警察に提供


rondon

マツダUKは、イギリスのロンドン周辺の行政区域を担当する警察組織「メトロポリタン・ポリス・サービス」へのマツダ3(日本名:アクセラ)の提供をさらに拡大し、ベクスレイ(ロンドン周辺の行政区画の一つ)の「スペシャル・コンスタブル」にも提供する事を発表しました。

「メトロポリタン・ポリス・サービス」というのは、「グレーター・ロンドン」と呼ばれる首都であるロンドン市とその周辺の32の行政区域を担当する警察だそうで、恐らく日本で言う警視庁のようなもの?では無いのかなぁ。。と思います。

32の行政区域(日本で言うところの東京23区みたいな感じですかね・・)は、12の「インナーロンドン」と20の「アウターロンドン」と呼ばれる行政区(Borough:バロウ) に分かれており、今回は「アウターロンドン」の「バロウ」の一つである「ベクスレイ」の「スペシャル・コンステイブル」に Mazda 3が提供される事になったそうです。

「スペシャル・コンスタブル」?って何だろうと思って調べたところ、海外ではレギュラー・メンバーの警察管の他に、特定の任務にだけ当たる警官という位置づけがあり、その人たちをさしてこのような呼び方をするそうです。
Wikipedia によると・・・

A Special (Police) Constable (SC or SPC) is a law enforcement officer who is not a regular member of a police force. Some like the Royal Canadian Mounted Police carry the same law enforcement powers as regular members, but are employed in specific roles, such as explosive disposal technicians, court security, campus security or executive protection for diplomats. Depending on the department some are members of a volunteer police auxiliary.

スペシャル(ポリス)コンステイブルは (SC もしくは SPCと呼ばれます)は、法律を執行できる公務員ですが、レギュラーメンバーではありません。たとえば、「ロイヤル・カナディアン・マアウンテッド・ポリス」は、通常の警官と同じ法の執行権限を持ちますが、特定の任務にだけつきます。それは、爆弾の処理班だったり、法廷や大学の警備だったり、外交官の警護だったりします。ボランティアのメンバーである場合もあります。

一般職の警官と専門職の警官。という違いがあるみたいで、ある仕事にだけ特化した警察官やボランティアの人間を「スペシャル・コンスタブル」と呼ぶようです。

PoliceSpecials.com

こちらの記事よると、特にイギリスではボランティアメンバーによるパート・タイムの警察官を指して「スペシャルコンスタブル」と呼ぶようです。日本の警備員と違ってボランティアとはいえどもレギュラーの警官と同じオフィスに勤務し、逮捕権など同じ権限を持っているようです。

日本の警備員は交通整理などをする事がありますが、あくまで一般人のお願いという形で警察権限を一切持たないので、日本といろいろ文化が違うんですね・・・

今回はこのパートタイムの警官のチームに対する Mazda 3の提供となり日々のパトロールに活用されるようです。

他にもマツダは、イギリスの 54の警察組織に対して、Mazda 3、Mazad 5、Mazda6, CX-7 等をパトロールや特殊任務用に提供しているそうです。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )