HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

ヨーロッパ版Mazda 3(アクセラ)マイナーチェンジ発表


フランクフルト・ショーでは、CX-5の発表と同時に、Mazda 3 (アクセラ)のフェイスリフト(マイナーチェンジ)も発表されています。
日本や北米では、SKYACTIVの搭載が既に発表されていますが(まだ未発売なものの)、今回のヨーロッパ版では SKYACTIV搭載車の発表は行われませんでした。

Mazda3_FL_5HB_euro1
ヘッドライトはこれから発売予定の日本、北米のモデルチェンジ後の Mazda3(アクセラ)とは違った意匠になっています。
現行型の日本のディスチャージ・ヘッドライトと同じもののように見えます。

Mazda3_FL_5HB_still
今回の Mazda3の変更は、外観や内装の変更だけでは無く、今回 Mazda 5 から始まっている新しい走りの味付け「走りの統一感」を元にしたチューニングが行われています。
この「走りの統一感」については、以前も記事にしましたので、ご興味のある方は以下の記事をご参照ください。

【MFC】何だか気持ちいい! マツダの提案する「統一感のある走り」と「G-Gダイアグラム」

Mazda3_FL_5HB_euro_rear
ボディ下の吸音材や溶接の強化等で、NVHの低減も行われているそうです。
バンパー内に埋め込まれた反射板の形状は、北米版の2012年モデルのMazda3とは別のものになるようです。

Mazda3_FL_5HB_still_2
今回、Mazda5から取り入れられた「統一感」と「リニア」な走りを実現するために、ボディの強化が行われています。
これまで MPS モデルのみで採用されれていた、クロス・メンバーが、全車に標準装備されるようになったそうです。(MZR-CD ディーゼル2.2Lを除く)その他にも、ブレイス・バーの追加などが行われています。

「統一感」に関しては、英語のプレスリリースでは、「Toitsukan」と日本語そのままで記載されていました。
Mazda3_FL_5HB_still_5
リアバンパーのデザインは、日本でに登場が予定されている「新世代アクセラ」と同じ(マスコミ向け試乗会に出ていたのが最終形であるならば)です。

Mazda3_FL_5HB_still_3
Mazda3_FL_5HB_still_4

以前は、バンパー下部の黒色のプラスチック部分に配置されていたリアの反射板ですが、新デザインではバンパーの塗装部分の面積が下方向に拡大し、反射板の位置も塗装部分に取り込まれました。
ちなみに以下が現行のヨーロッパ仕様 Mazda 3です。
mazda3_current_rear

 

Mazda3_FL_2011_Exterior_01
フロントバンパーのデザインは、エアロダイナミックスを改善するためでもあるそうです。
フォグランプも以前の葉っぱ調の四角い形状から丸いものに変わっています。

ちなみに、以下が現行のヨーロッパ仕様の Mazda3です。
mazda3_current_front
全てのヨーロッパ各国のサイトを調べたわけでは無いのですが、イギリス等のサイトを見ている限りでは、現行のヨーロッパモデルは、MPS以外のモデルには、ハロゲンライトしか設定が無いようです。
今回のマイナーチェンジで、ディスチャージ式のヘッドライトが、アダプティブ・フロント・ライト・システムと一緒に提供される事は記載されていました(市場に依存との注釈付き)。

 

Mazda3_FL_5HB_still_6
バンパーの形状自体は、日本での発売が予定されている「新世代アクセラ」と同じに見えます。

Mazda3_FL_5HB_wheel
新デザインのホイールだそうです。

1 2 3
こちらの記事もおすすめします
  • R26

    日本仕様よりかっこよく見えます。
    ヘッドライトはマイチェン前と似てる?
    それとも変わらず?

    それにしても、輸出仕様のエンジンバリエーションがよくわからない…

    MZR 2L 150ps …mazda 3
    MZR 2L 155ps …mazda 6

    日本仕様はスカイアクティブで 2L 154ps??
    (タコ足未使用ですが)

    mazda 3 ディーゼルハイパワー仕様は185ps
    mazda 6 は180ps 去年あたりは185psだったような??

    スカイアクティブ CX-5 はディーゼルハイパワー仕様で173ps??
    (パワーより燃費、トルク重視なのでしょうか?)

    う~ん わからない…

  • mazdafancomm

    こんにちは。

    私も日本の現行型のヘッドライトがよくわからなかったので、ディラーに行って調べてきました^^;

    新型のヨーロッパモデルのヘッドライトの意匠は、日本の現行型のディスチャージ式のヘッドライトと同じ意匠のようですね・・・

    本文中にも追記しましたが、現行のヨーロッパモデルは、MPS以外にディスチャージ式のヘッドライトのオプションが無さそうなので、ヨーロッパでも新規にディスチャージが設定される。という事なのかもしれません。現在手元にある資料からは、それ以上、読み取れないので、実際にリリースされるまで待ってみたいと思います。^^;

    エンジンスペックについては、地域毎の排ガス規制や、ガソリンのオクタン価によって変更していたり、マツダのマニアック精神で味付けを変更しているのかもしれませんね・・・

    北米での発表によると、SKYACTIV-G 2.0Lは、現行の2.5Lを置き換えるものになるそうなので、個人的にはここも注目しています。

    ただ、マツダが自社生産する最大排気量エンジンが2.0Lとなってしまうと(2.5が消えるかどうかはまだ未定でしょうが・・)ちょっと寂しいですね・・・こういう考え方自体が古い時代なのかもしれませんが・・・

  • R26

    こんばんは。

    ご回答ありがとうございます(^^)

    ディーラまでチェックされに行かれたのですね!
    ご苦労様です!

    やはりそうでしたか。
    でも新しいバンパーとの組み合わせも、私はなかなか
    かっこいいと思います。

    エンジンのパワー(仕様)違いに関しては、
    私も排ガス規制によってなのかと思ったので
    ヨーロッパ各国仕様をチェックしたのですが、
    そうではなそうなんですねェ…
    関係者の方見てないかな…

Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )