HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

「見えるぞ・・私にも死角が見える!」リアビークルモニタリングシステム(RVM)が、「ユーロNCAPアドバンスド賞」を受賞


EuroNCAP

Mazda3 (日本名:アクセラ)に搭載されている、『リアビークルモニタリングシステム(RVM)』が、今年9月に開催されるフランクフルトモーターショーで「ユーロNCAPアドバンスド賞」を受賞するそうです。

ユーロNCAPアドバンス賞は、去年(2010年)からはじまった新しい賞で、自動車メーカーが開発・導入している先進的な安全技術を評価する賞だそうです。

今回受賞した「リアビークルモニタリングシステム(RVM」)は、日本でも導入されていますが、高速道路などの斜線変更時に衝突の危険性をドライバーに伝えるシステムです。

自動車教習所で習うように、自動車の斜め後方は運転席から死角になりやすく、車種によってはかなり見難い車種もあります。
マツダの『リアビークルモニタリングシステム(RVM)』は、60km/h 以上で走行中に動作し、リアバンパー内側のレーダーが、隣接した斜線の後方から接近する車を監視し、接近する車を検知するとドアミラーの鏡面に内臓したインジケーターを点等させます。

以下のような感じで車両後方を監視します。Mazda_RVM6__jpg300

後方から車が近づいてい来ると・・・
Mazda_RVM4__jpg300
こんな感じでミラー上に警告を出します。

さらにその状態で、インジケーターが点等した方向へウインカーを操作すると・・・
Mazda_RVM5__jpg300
インジケーターの点滅とともにブザーをならして警告します。

実際の動作時の画面はこんな感じだそうです。
left_mirror  なんだか先進的でかっこいいですね・・

Mazda_RVM3__jpg300

雨の日や薄暗い夕方、ヘッドライトが乱反射して状況がつかみにくい夜間走行などでは重宝しそうなシステムです。二輪車などもこのレーダーで検知できるようです。

現在、欧州向けでは、Mazda6(アテンザ) に 2008年に搭載された後、2009年に Mazda3 (アクセラ)と CX-7、そして9月のフランクフルトモーターショーで公開される新型クロスオーバーSUV、CX-5にも搭載される予定です。

このRVMの説明ビデオが以下からご覧になれます。(無音に見えて一瞬だけ音がでます)

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )