HOME» 維持・整備» メンテナンス

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

イグニッション・コイルを個人輸入してみる


先日、イグニッション・コイルが故障したので、個人輸入してみました。
RX-8の場合、4つのイグニッションコイルがあり、私のは初期型のイグニッション・コイルで現在の品番(改良が入ったという噂)とは違うので、最新の品番にするために全部交換してしまう事にしました。

購入元は以下のサイトです。

http://www.rotaryfx.com/

rotaryfx

通常、正規品を国内で買うと約7,000円近くする品物です(追記:2011/12月に購入した所4,410円でした・・・ネットに出回っている情報より値段下がってますね・・型番も変わってます。)。それが約40ドルですので、半値程度です。
”OEM部品の工場から直接仕入れているので安い”と書いてありました。

追記:購入してみてわかったのですが、この部品は確かに正規品と同じみたいなのですが、品質管理がお粗末な部品のようです。4つかった部品のうち、1個は、コネクター部分になにやら巨大なアロンアルファ?のようなものが垂れて硬化していたので、コネクターが入りませんでした。そのため、ドライバーで硬化物をガリガリ削り取ってコネクターを接続しました。工場のラインの品質検査で落とされたものが出回っている?ような気がしないでもないです。

追記2:交換するとエンジンのかかりが分かるくらいに良くなりました。劣化するもんなんですね・・・ただ、交換してもチェックランプが消えなかったのですが(消してもすぐ点灯)、今のところこの新規購入したこのイグニッション・コイルの初期不良のようです・・・流石にそれは無いだろう・・・と思っていたのですが、イグニッション・コイルの場所を動かすと故障コードが示す故障箇所も移動していきます・・・正規品を一本オーダーしました。品質怪しいですね・・・見事な人柱になったかもしれません。

追記3:輸入したイグニッション・コイルを正規品に交換してようやくチェックランプが消えました・・・単純に運の問題か品質の問題か・・・ただ、バリをドライバーで削り取らないとコネクターが取り付けられなかったので、一部の品質がお粗末である事は間違いなさそうです。

品番も N3H1-18-100B なので、対策品(?と言われるものの変わってないとの説もあり)のようです。

RX-8のイグニッション・コイルは経歴としては

N3H1-18-100 → N3H1-18-100A → N3H1-18-100B

と品番が変更になってきているようです。

参考N3H1-18-100A-9U vs N3H1-18-100B-9U – RX8Club.com

2011/12追記:現在の型番は、 N3H1-18-100Cになってます。お値段も4,410円/本です。

 

1) 商品を選択し個数を入力する

ignite1

Qty = 個数。です。個数を入力したら、「add to cart」(カートに追加)をクリックします。

2)送料を計算する

ignite2

送料を追加するために、①の部分に

「Country」(国名)
「Prefecture」 (都道府県名)
「Zip/Postal Code」(郵便番号)

を入力して②の「Recalculate」(再計算)をクリックします。

 

3)商品の購入画面に進む

ignite3

proceed to checkout」をクリックします。

proceed to checkout」は、日本的に言うと「購入画面に進む」です。

 

 

4) 住所を入力する

ignite4

・住所は英語の場合は、「番地等の細かい情報」→「都道府県」の方向に書きます。
・電話番号は、日本の電話番号に前に、国番号を示す「+81」(日本)を付けます。

 

 

ignite5
③「choose your shipping method」「発送方法を選択して下さい」です。このサイトでは、「UPS Express Mail Intenatinal」しか選択肢にありませんでしたので、そのままでOKでした。

④「payment information」「支払い情報」については、ここでは「PayPal」を選択します。

 

credit
支払いの方法は、「Credit Card」と「PayPal」が選択できますが、「PayPal」のアカウントを事前に作成しておき、PayPalを選択する事を強くお奨めします。
PayPalを使用するとクレジット・カードの番号は、店舗に対しては公開されません。
そのため海外の信頼度がわからないサイトで商品を購入する時に、自分のクレジット・カードの番号を直接店舗が側に渡さずに済みます。

 

5)支払いの画面に進む

ignite6

「To pay for your order, plase click the “contiune” button now. You will
be transfered to PayPal’s website, our payment processing partner…..」
注文に対する支払いをするには、”continue”ボタンを押して下さい。PayPalのサイトに移動します。

 

 

6)支払い方法を選択する。

ignite8
今回は、PayPal で支払うので、上を選択します。
※クレジットカードの情報は、直接的にお店に渡す事はお奨めしません。

 

7)PayPalにログインする。

ignite9
PayPalのログイン画面がでてきます。

メールアドレスとパスワードを入力して「続行」をクリックします。

 

8)支払いの情報を確認する。

ignite11

RotaryFx で、購入選択した内容が、PayPalの Webサイトに引き継がれて表示されています。
内容を確認してOKだったら「今すぐ支払う」をクリックします。

 

 

ignite12
支払い完了です。
今回は、送料込みで 約212ドルでした。円高だったので1万7千円と、そこそこそお安く抑える事ができました。
日本では、7千円 x 4 = 2万8千円するので、4割引ほどのお値段で買えました。
(但し、安さの理由は正規品では無いためで、純正品より工作精度が劣っているという噂もあります・・・)

 

 

9)メールを確認する。

ignite13
orderが完了すると上記の様なメールが来ます。
この後、荷物の発送をお知らせするメールも、発送後に来ます。

DSC_0274
水曜日の夜に発注して、土曜の夜に届きました。
在庫の有無とお店によると思いますが、国内の発送よりも1日~2日長いくらいのイメージで届くってすごいですね・・・

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )