HOME» RX-8 DIY » DIY & OPTIONS

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

注意: 改造、分解をされる場合は自己責任です。 このページの情報はあくまで参考程度に使用して下さい。
Notice: Any work using the information on this site is your own resposibilty. The administrator and the contributor to the contents have no responbility the results using the information on this site.

このページやサイト内で触れられている価格は、2004/04/01以前のものについては、基本的に消費税抜き価格です。

リモコンキーが故障したので、マイチェン後のリトラクタブルキーに交換


管理人のリモコン・キーの調子が悪くなってきたので「電池無くなってきたのかなぁ」と思って電池を交換したのですが、調子が回復しないどころか全く効かなくなってしまいました。

もともと 「UnLock」は多少効くのに「Lock」は全く効かないという状況だったので、「電池切れぽくないなぁ。。」と思っていたのですが、どうやら本当の故障だったようです。

これまで使っていたリモコンは、以下のタイプでした。初期型のもので、このリモコンキーは、発売2年後の最初のマイナーチェンジで、変更になっています。
oldkey
RX-8のオーナーの間ではよくやられているのですが、せっかくなので、以下のマイナーチェンジ後のキーをオーダーしてみました。

newkey2
こんな感じで、先端部分は、収納できるようになっています。

newkey
2つの部品から構成されていて、マツダマーク+鍵の部分と、マツダマークより右側のリモコン部分から成ります。

最終的に購入した部品番号は以下の通りです。私の車の場合、これでうまく動いています。

F154675RYB トランスミッターセット、キーレスエントリー 7,350 リモコン部分です。
G2YA76201B キー、プライマリー、ブランク 1,659 リモコン用のブランクキーです。
カットキー作成代 1,050 鍵の作成代です。
合計 10,059

新しいタイプの鍵は、リモコンと一体型なので、鍵を新たに作成する必要がありました。
その際に「鍵番号」が必要になりますが、私の場合は、新車時に銀色の小さなプレートに刻印される形で、鍵と一緒に提供されていました。

もし「鍵番号」がわからない場合は、ドアの内張を剥がして確認する必要があるそうです。

ちなみに車の車体番号ごとに、互換性のある部品が表示されるシステム(EPC)がディーラーにあるのですが、そのシステムを見ても、ネットで調べた、これらの部品が使えるのかどうか、よくわからない状態でした。
ブランクキーの部分も「こっちかな?」と思う部品でもっと高額なものがあったりします。

以下は、ネットに転がっていたEPCのリモコンの部分ですが、何パターンもあり、一体何が違うのやら・・・(なぜ「マツダスピードサス」とか指定が入ってるんでしょうね・・・)
イモビライザー付きと、そうでないもので違いありそうな気もしますが・・・

ネットで検索すると、ディーラーで使っているEPCの画面キャプチャーも出てきます。
rimocon

 

ちなみに管理人のRX-8は、発売と同時に買った本当の初期型タイプで、イモビ無しの Type-Sです。
最終的にはEPCの情報をあてにせず、ネットで拾った情報を正として、オーダーをかけてうまく行きました。

ちなみに今回オーダーした、「G2YA76201B」のブランクキー(まだ鍵のギザギザを入れてないキー)は、デミオの部品として存在しているとの事。ふむぅ。謎です。


実際に購入した鍵を分解してみるとこんな感じになります。
写真の左側の部品の接合部に写っているラッチのような部分を精密ドライバーで押してあげる事で、こんな感じに分解できます。

使い勝手

これまでのリモコン分離型と比べて、やはり大きいですね・・・
あまり車のキーを持って歩く必要もないので、これまで自宅の鍵と全て一緒にしていたのですが、車のキーをとりあえず単体で持ち歩いています。(キーホルダーにつけると大きいので・・・)

でも満足度の方が高い。と言った状況です。

 

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )