HOME» RX-8 DIY » DIY & OPTIONS

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

注意: 改造、分解をされる場合は自己責任です。 このページの情報はあくまで参考程度に使用して下さい。
Notice: Any work using the information on this site is your own resposibilty. The administrator and the contributor to the contents have no responbility the results using the information on this site.

このページやサイト内で触れられている価格は、2004/04/01以前のものについては、基本的に消費税抜き価格です。

RX-8の運転席のフロアマットカバーを作成しよう


初回作成日:2008/07/20

floor mat pic

大分、前になりますが、イギリス製のオプションである、フロアマットを花澤パーツさんで購入しました。

(かなり昔ですが、花澤パーツさんで、当時、取り扱っていた輸出用のRX-8の部品の写真を幾つか取らせて頂いてこちらに載せています)

ただ、このマットは見た目は良いのですが、まるで室内の絨毯の様な毛並みで、運転席の足下の様な過酷な環境では、使うのは痛ましい感じの製品です。

そこで、カー用品店である、ビニール製のフロアマットの様なものを作ることにしました。

mat cover pic

ホームセンターで買ってきた透明なビニール・シートをマットに沿うようにカットします。マジックで多少大きめに型取りして、はさみで切り抜きます。

この写真は、一番初めの試作の時のもので、その後の改良で、写真左側は長めにきって、裏に折り返す様にしています。(改良後の切り抜き時の写真も取ったのですが、間違って消してしまいました。。。)

写真の右端側も多少長めにきって置いた方が、つま先の奥の方まで汚れを防ぐ事ができます。

ビニール・シートの厚さは、はさみで切れるか切れないかぐらいの或程度、厚めのものの方が良かったです。シートが薄いと、夏の暑さによって、意外にくにゃくにゃになり、足下でねじれてしまう事があります。

zig pic

一番初めは、左の様な金具がホームセンターに売っていたので、この金具を使ってスマートにビニール・シートを固定する方法を試しました。

zig pic

フロアの固定具と、ビニールマットを、上記の金具で引っ掛けて、簡単に取り外せる方法を模索しましたが、この方法では、

(1)長く使っていると、ビニール・マット側が引きちぎれる。

=>実際に運転席に乗ったときに、靴の踵がビニールシートを前方方向に強い力で引っ張ります。

(2)夏の暑い日になると、マットが足元でクニャクニャによじれる。

=>一点だけの固定では、暑さでビニールがよじれて足元で横方向に丸まってしまう事があります。

で、あまり良くありませんでした。

clips pic

足元でビニール・シートがまるまる対策として、若干厚めのビニール・シートに変更するとともに、クリップで3点を 留める方法に変更しました。

ビニールシートをクリップで留める所は、ビニールシートに”のりしろ”をつけるために大きめに切って、マット裏側まで折り返した後、上からクリップで挟み込んでいます。

踵が運転時にビニールを引っ張る力は、結構大きいので、大きめに折り返して上からクリップで挟み込む様にして、摩擦力が大きくなるようにしました。

はじめは、クリップ2つで留めていたのですが、若干力が弱い様で、一度外れた事がありました。クリップ3つに途中から変更したところ、今のところ数ヶ月間は、ずれる事も無く使えています。

cover pic

管理人の身長は170cm丁度ですが、シートを調整するとクリップは全く見えなくなります。

cover pic

掃除をする時は、イスを最高端までスライドさせて、マット毎取り外します。

floor mat cover pic

floor mat cover pic

汚れやすい運転席のお掃除で、泥らだらけになっているときでも、汚れをはたいて雑巾でふき取ってあげれば、簡単にきれいになります。

作業後記作業後期

工作自体は非常に簡単でした。

運転席が頻繁に汚れて、掃除が面倒という方には良い方法かもしれません。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )