HOME» RX-8 DIY » DIY & OPTIONS

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

注意: 改造、分解をされる場合は自己責任です。 このページの情報はあくまで参考程度に使用して下さい。
Notice: Any work using the information on this site is your own resposibilty. The administrator and the contributor to the contents have no responbility the results using the information on this site.

このページやサイト内で触れられている価格は、2004/04/01以前のものについては、基本的に消費税抜き価格です。

サイド・ブレーキのベロ破れ& LIBERAL社製・シフト・ブーツ


初回投稿日:2007/12/24

diy picture
ネットで報告をよく見かけますが、管理人もサイド・ブレーキのベロが取れかかる現象に遭遇しました。

diy picture
こんな感じでヒビが入っています。もう少ししたら完全に取れてしまいそうです。
材質は刻印されているのを見るとPVC(ポリ塩化ビニール)製だったので、3Mの塩化ビニール用接着剤を買ってきて修復を試みましたが、柔軟性のある部分でもあり、接着では修復できなさそうでした。
(接着剤でつけても、力を加えるとすぐ取れてしまいました。もともと力が加わって破断したので、接着するにしてもかなりの強度が必用だと予想されます。)

diy picture
サイドブレーキのベロ部分と、コンソールのパーツが干渉しているので力がかかって経年変化でヒビが入るのだと思われます。
修復は無理そうなので、シフト・ブーツを購入して”隠す”方で行ってみることにしました。

image
ヤフオクで購入したLIBERALさんという会社のRX-8用シフト・ブーツです。

image
反対側です。ボタンで留めています。

image
問題のベロの部分も、こんな感じで隠れます。

image
サイドブレーキを倒した状態です。赤いステッチが綺麗です。

image
サイドブレーキと揃えてシフト・ブーツも購入しました。
材質は、標準のシフト・ブーツより柔らかい素材になっています。
標準のシフトブーツは、固めの材質で、まれに、しわになった部分が互いに接触してビビリ音を出す事がありましたが、この素材であれば、そういう事は無いかと思います。

image
シフト・ブーツも首の所をボタンで留めるタイプです。
このボタンをはずすと、シフト・ノブの頭が通過できるほどの大きさになるので、シフト・ノブをはずさなくても、シフト・パネルを取り外すことができます。
イルミ付きシフト・ノブ付きの方で、頻繁にシフト・パネルを取り外すような作業をする方にとっては便利だと思います。

image
全体図です。

sagyou kouki pic作業後記
革自体は、柔軟なする感じの素材で、純正のシフト・ブーツよりやわらかくできています。
取り付けの際に、見えない部分ですが、革素材をひっかけて、表面が少し破けてしまいました。作業の際は、金属部分などが露出しているので、簡単そうにみえても作業は慎重に行わなければ。。と思いました。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )