HOME» RX-8 DIY » DIY & OPTIONS

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

注意: 改造、分解をされる場合は自己責任です。 このページの情報はあくまで参考程度に使用して下さい。
Notice: Any work using the information on this site is your own resposibilty. The administrator and the contributor to the contents have no responbility the results using the information on this site.

このページやサイト内で触れられている価格は、2004/04/01以前のものについては、基本的に消費税抜き価格です。

シフトノブを分解してみよう。


最終更新日: 2009/10/8

シフトノブのパターンの一部が剥げてきたので、シフトノブを交換したのですが、交換したシフトノブを捨てる前に解体してみました。
分解の仕方がわからなかったので、銀色の部分を一度破壊してしまいましたが、破壊して分かった、正しいと思われる分解の仕方を順を追って行きます。
分解して分かった事ですが、シフトパターンを削ったのは、ネジの頭でした。


まず、シフトパネルのパターンを外します。(粘着テープでくっついているだけです)
通常は粘着テープががっちりついているので、剥がれないと思われます。
(写真にネジが写っているのは、気にしないでください。)


シフトパターンを取ると、銀色のおむすび部分がネジでシフトノブ本体に固定されています。
このネジを取ると銀色のおむすび部分が外れます。
私のものは、このネジが振動で緩んで飛び出てきた状態になっていた様です。
おむすび部分がカタカタし、「カタカタするなぁ。。」とおむすび部分をグリグリしたために、ネジの頭でシフトパターンの文字を裏から削ってしまったようです。


解体したシフトノブです。

作業後期
銀色のおむすび部分は、交換したイルミ付きノブでも少しカタカタしてきました。今度は、触らぬ神にたたりなしです。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )