HOME» RX-8 DIY » DIY & OPTIONS

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

注意: 改造、分解をされる場合は自己責任です。 このページの情報はあくまで参考程度に使用して下さい。
Notice: Any work using the information on this site is your own resposibilty. The administrator and the contributor to the contents have no responbility the results using the information on this site.

このページやサイト内で触れられている価格は、2004/04/01以前のものについては、基本的に消費税抜き価格です。

U.S.仕様サイドマーカーとストーンガード



U.S.仕様のサイドマーカーです。花澤PartsさんのHPで、「ランプフロントサイド(黄色)」としてRX-8のパーツリストに載っているものです。(\9,000)


花澤マツダさんで、花澤さんに取り付けて頂きました(この部品の場合、工賃無料)。
ドライバでタイヤハウス内側のネジ(ネジとファスナーの中間のような物)を取り外せば、既存のマーカーを取り外す事ができます。
取り付けに必要な道具は、ドライバーと雑巾くらいです。


U.S.仕様の「ランプフロントサイド」アッセンブリーに含まれている電球は暗いので、5Wのものに交換する必要があるとの事です。これも花澤Partsさんで買う事ができます(私の購入当時\220)でした。


「フロントフェンダーストーンガード」という物です。
輸出仕様では標準で付いているものだそうです。面白そうなので買ってきました。(\2,000)


フロントタイヤハウスの内側です。この部分に取り付けます。


作業しやすい様にハンドルを切った後、タイヤハウスのファスナーを取り外します。


部品を付けて、再度、ファスナーを取り付けます。


横から見ると少しだけ、プラスチック部分のラインが変わります。
こういう小石よけが標準でついていると言うことは、海外では未舗装の道路などを走って、この部分が傷だらけになる事があるんでしょう。お国事情の違いを感じられて面白いです。

作業後期
この他に、花澤さんのお店で見かけた海外のRX-8のパーツに関する記事をこちらに作成しました。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )