HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

タイに新しいトランスミッション工場の建設を決定


thai_factory
(写真はタイのマツダの合弁会社AAT)

マツダは、タイ王国チョンブリ県に年間生産能力40万基規模のトランスミッション工場を建設し、2015年度上半期より生産を開始する予定です。
マツダはタイに既に合弁生産拠点「オートアライアンスタイランド(AAT)」を持っていますが、新しい工場はその5キロ北に建設される予定です。

マツダは国内生産に依存していた体制から、グローバルの生産体制の再構築をすすめており、ロシアやメキシコ等に新しい工場の建設を進めています。このタイ工場では、マツダの新世代のトラスミッションである「SKYACTIV-DRIVE」の生産が行われる予定です。

年間の生産能力は 40万基程度とされており 2015年度上半期より生産が開始する予定です。
マツダは現在、2016年3月期までにグローバル販売台数を約170万台まで引き上げる事を目指しており、この工場はそうした海外需要を満たすために設立されます。

また、この工場を建設するため、新しい現地子会社「Mazda Powertrain Manufacturing」が現地に設立されるとの事です。
image

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )