HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

マツダ、メキシコ工場でトヨタの小型車を生産



現在建設中のマツダのメキシコ工場で、北米向けのトヨタ車の生産を行う事が発表されました。
メキシコ工場で、Mazda 2(デミオ)をベースにした、トヨタブランドの”サブ・コンパクトカー”が生産される予定だそうです。

マツダと他メーカーの提携の話としては、以前にもフィアット社と MX-5 (ロードスター)のプラットフォームを使用した、アルファロメオブランドのスポーツカーの生産の話がありましたが、それに続く2社目となります。

報道されている内容によると、この新型のトヨタ車は2015年の夏頃から、1年で5万台のペースで生産を行う予定だそうです。

マツダのメキシコ工場は、2014年の3月から生産を開始する予定ですが、トヨタも生産設備やキャパシティの拡大等、トヨタ車の生産に関する部分に関して資金を提供するとの事です。

メキシコ工場では、Mazda 2(デミオ) と Mazda 3(アクセラ)が生産される予定で、年間の生産台数は14万台を目指す事がこれまで発表されてましたが、ここにトヨタ分の 5万台が上乗せされるのかどうかまでは、明らかになっていません。

安定した販売網を持つトヨタと組むことで、マツダに取ってはメキシコ工場の稼働率の盤石化がはかれそうなのと、トヨタに取っては新たな出資を節約できるので、マツダにとってもトヨタにとっても良い話になりそうです。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )