HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

クラス最軽量のバンパーをマツダCX-5に採用


cx5_japan_rear
CX-5のバンパーには、マツダと日本ポリプロ株式会社と共同開発した、以前のバンパーと同等の剛性を保ちながら薄く成型されたバンパーが使用されているそうです。

この新しいバンパーの成形技術により

  • 材料使用量の大幅な削減
  • フロントとリアで約20%の軽量化
  • 薄肉化した事で成型時の冷却時間を短縮。製造時の消費エネルギーを削減。

を実現したとの事です。
cx5_bumper
また、樹脂材料に含まれるポリプロピレンとゴムを、それぞれ特性の異なる2成分で混合し、バンパーの基材の表面と内部で2層構造で配分しているそうです。

つまり、表面に関しては塗膜付着性を重視した特性で、内部に関しては剛性と衝撃急性に優れた材質を配分し、剛性と機能を維持したまま軽量化を達成したそうです。

この樹脂材料を採用した排気量1,500cc~2,000cc クラスでは最軽量のバンパーは、もうすぐ発売のCX-5以外にも、どんどん展開されていく予定だそうです。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )