HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

ベトナムでMazda2(デミオ)の生産が開始


新興市場の開拓はどの自動車メーカーにとっても、重要な課題の一つですが、マツダはベトナムの「ヴィナマツダ社(Vina Mazda Automobile Manufacturing Co.,LTD)」の組立工場で Mazda 2の生産を行う事を決めたそうです。
写真は日本市場向けのデミオ

ヴィナマツダ社は、マツダのベトナムにおける販売統括会社として、2011年3月以降、Mazda2, Mazda3, Mazda 6 , CX-9, BT-50 の販売を行なっています。
これまでは、完成品の販売だけだったのですが、この度、Mazda 2の現地組立が行われる運びとなった模様です。
ベトナムは中心となる年齢層が30代以下の若い国で、人口が9千万人と、ちょっと小さめの若い日本。のような活気があふれる市場なんだそうです。
今後、ベトナム市場向けに年間約2,000台の生産される予定で、ベトナムの若者をターゲットとした販売を展開してブランドイメージを高める戦略のようです。

ただし、このマツダ車を販売しており、今回 Mazda2 の組立も行う事になったヴィナマツダ社は、現地資本100%の自動車組立・販売会社で、マツダとの資本関係は無いそうです。どういう経緯の会社なんでしょうね。。ちょっと変わった感じがします。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )