HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

マツダ CX-9マイナーチェンジ、KODO(魂動)顔に


cx9-1
日本では発売されてないモデルなので、なじみの無い方もいらっしゃると思いますが海外専用モデルのCX-9がマイナーチェンジされる事が発表されました。
10月18日から10月28日までシドニーで開催される「2012年オーストラリア国際自動車ショー」で世界初公開になる予定です。

CX-9 では、海外での需要にあわせて 一回り大きなボディサイズを持つ CX-7 の上位モデルとして展開されています。

cx9-4
CX-5、Mazda 6(アテンザ)と同じKODO(魂動)顔が採用されました。
ライト内に突き刺さる「シグネチャーウィング」はよりコンセプトカーに近形でライト内に突き刺さるイメージを表現しています。

cx9-2
以前のCX-9の雰囲気もしっかり残っているものの、まるで別の車になったようなマイナーチェンジです。
この新しいCX-9 は、今年の後半よりオーストラリアで販売される予定だそうです。

cx9-3
エンジンは従来通りのMZI 3.7 L V6エンジンが搭載され、SKYACTIV化は次のフルモデルチェンジになりそうです。

内装などの写真は無いのですが装備類も見直されています。

「最新のオーディオ、ナビゲーションシステム、音声認識機能など、ドライブの楽しさをより引き立てるインフォテーメントシステムや、前方衝突警報システム、車線逸脱警報システム、ハイビームコントロールシステムなど安心の走りを支える安全装備を採用しました。」

とあり「斜線逸脱警報システム」などが新しく装備されているように読めます。
「前方衝突警報システム」は、SCBS (SmartCity Breaking Support)の事なのかは?です。

ナビゲーションは、海外の記事によると 直感的に操作できる HMI (Human Machine Interface) とあるので、CX-5から海外モデルで採用されているダイヤル式のインターフェイスを装備した TomTom社製のシステムが組み合わせるのかもしれません。
写真は、CX-5の海外モデルに装備される HMI です。

cx9-5
造形も巨大なボディにあわせてか、立体的で躍動感のあるデザインになっています。
オーストラリアは右ハンドルなので逆輸入もするのも一興かもしれません。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )