HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

【経緯追記】マツダ「風籟(ふうらい)」が、イギリスのメディア「TopGear」の手により全焼?


 

image

マツダファンにとっては、衝撃的なニュースが出回っています。
イギリスの自動車メディアで過激なレポートをする事で有名な「TopGear」ですが、ホームページ上で衝撃的な写真を公開しています。マツダのNagareデザインとロータリーエンジンの組み会わせたコンセプトカーである、「風籟(Furai)」の全焼写真です。

現在は、コメントが変わっており”今度発売される20周年記念号の雑誌を見てください”程度にコメントが抑えられていますが、当初はこういうコメントが付いていたとの事です。

Forgive us, for we have sinned. Top Gear is responsible for the untimely demise of the quite remarkable Mazda Furai Concept, and we’re very, very sorry. Find out how (if that picture hasn’t clued you in…) in our bumper anniversary issue, and try not to hate us too much.

私達を許して下さい。Top Gear は、あの優れた車、マツダ風籟(Furai)を失ってしまいました。本当にごめんなさい。何が起きたかは(もし写真が手がかりならなければ)20周年記念号をご覧下さい。私達を嫌いにならないで下さい。

「プリウス をマシンガンで蜂の巣にする」など過激な企画や、「自動車でサウナ」等の冗談企画をする事で有名な TopGearなので、普通に事故が起きたのでは無く、何かやらかしたとしても不思議では無い。と思わされてしまいますが・・

もし本当に 風籟(Furai) が無くなってしまったのであれば、非常に残念です・・・

追記

既に発売された 「TopGear」 の20周年記念号を読んだ方によると、本当に風籟(Furai) は、全焼してしまったようです。しかも2008年の出来事が今、明かされた。という事のようです。
「TopGear」なので、「まさか・・・企画で・・・」と思って(やや期待)しまいましたが、純粋な事故だったようです。けが人が出なくて何よりでした。

「TopGear」の撮影中、マツダのレース・ドライバーである マーク・ティスハーストさんが風籟(Furai) を運転中に、異音と伴に、エンジン付近?から出火が起きたそうです。
消火も行われましたたが、間に合わず、全焼するという形になってしまったようです。
「TopGear」が、「本当にごめんなさい」とのWebサイトのコメントを引っ込めたのは、『TopGearのファンなら「ふざけたTopGearが、またやらかした」というのを期待するだろう』と思って書いてみたものの、真剣な批判が幾つか返ってくるという思わぬ反響があったためのように思えます。この件に関しては「TopGear」は無実のようです。

運転されていたティスハースト さんは、最近でもマツダのドライバーとしてMX-5でレースに出たり、787Bをイベントで運転したり。と、マツダのワークスドライバーとして活躍されているきちんとしたドライバーです。

消火時の模様を一部、引用します。

They eventually get to the car, their hoses blasting shards of charred bodywork off with their force.

One of the fire crew rips at a door to get better access to the bulkhead. Still burning, it comes off in his hand. At first, I’m annoyed at the disrespect he’s showing this priceless, irreplaceable concept car. Then I realise that’s like worrying the Titanic’s deck chairs are getting damp.

消火班 がようやく車にたどり着き、消火を開始した。消火ホースの勢いは、黒焦げになったボディの破片をまき散らした。

クルーの一人が、バルクヘッドにアクセスしやすくするためにドアを引きちぎった。燃えたままクルーの手で引きはがされたドアを見て、初めは値段も付けられないたった一台のコンセプトカーに対する無礼な行為に苛だったが、それはタイタニックのデッキ・チェアが水びだしになる事を心配するような事だと言う事に気がついた。

非常に残念ですが、またロータリーのコンセプトカーが再び表れる事を期待して、風籟(Furai) の冥福を祈りたいと思います。

※動画はCGですが、TopGear で有名なテストコースを走る風籟(ふうらい)の姿です。管理人はYouTubeのコメントを見るまで本物だと思ってました・・・

こちらの記事もおすすめします
  • 名無し

    風籟が炎上したというニュースは聞いていましたがまさか2008年の出来事だったとは…
    ぜひ今の鼓動デザインでまた復活して欲しいものです

Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )