HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

Mazda 2(デミオ)の弟分「Mazda 1」が研究中


image
最近のエコカーブームで、「小さい」車が脚光を浴びてる状況ですが、デミオより小さいなモデルが研究中だそうです。(ちなみにサイトのデッサン画は、Mazda 2(デミオ)です)

オーストラリアのメディア「GoAuto」誌によると、オーストラリアモーターショーで、マツダのマーケティング担当者 Aoyama Asuhiro 氏が答えた所によると、この「Mazda 1」とでも言うべきモデルを現在研究中なんだそうです。ただし、例え開発にGOサインが出ても、デビューは早くて2020年頃になりそうとの事です。

“We are always looking at whether we need to produce a sub-B model,” (私たちは常に、サブBセグメントのモデルが必要でないかどうか考えています)

可能性としては、フォルクスワーゲンの「Up」の様な都市向けの非常に簡素な車か、もしくは新興国での低価格車があるとされています。


フォルクスワーゲンの「Up」はこんな車です。CMを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

マツダとしてはこの車を単独で開発するのでは無く、他のメーカーと共同開発するような事も想定しているようで、元記事には幾つかの自動車メーカーが上がっていますが、具体的にはまだ何も決まってないようです。

シティコミューター的なコンパクトカーは、かなり以前からありますが、どちらかと言うとファンカー的な高価格な車として位置づけられていて規模の大きなマーケットでは無い状況なので、マツダが単独でこの市場に参入する事はしばらくは無いでしょうね・・・

Mazda 2018 Mazda1 – ‘Mazda1’ being studied | GoAuto

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )