HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

マツダ「Mazda Zoom-Zoom スタジアム」の命名権を継続


mazda_stadium
2009年に開場した広島市民球場は、マツダ株式会社が命名権を購入し「Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島」として広く知られていましたが、その命名権が来年、2014年3月いっぱいで終了するため、次の命名権の購入者の募集が行われていました。

が、この度、引き続きマツダが命名権を取得することが決まったそうです。

これによって、2014年4月1日から2019年3月31日までの5年間の命名権をマツダが手にすることになります。
契約金額は、年間2億2,000万円となるそうです。現在は3億1500万円/年となっているので、少しお安くなっています。

球場名は、2009年より使用している「Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島」(公式略称:マツダスタジアム)を引き継ぎました。また契約金額(命名権料)は、年間2億2,000万円(消費税、地方消費税除く)で、球場名の使用期間は2014年4月1日から2019年3月31日までの5年間となります。

これによって、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の名前は少なくても2019年までは維持されることなりそうです。

広島球場は、2009年の開場以来、入場者数が累計で700万人を超えています。マツダは100万人毎に福祉車両をプレゼントするイベントや、球場で使用する電力にグリーンエネルギーを購入するなどを行っています。
マツダは命名権の継続とともに、今後も地域発展と、社会に貢献する企業活動を「Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島」を通じて行っていくようです。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )