HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

2011フランクフルト・モーターショー、マツダ・ブースの様子


フランクフルト・モーターショーでの、マツダブースの様子を伝える動画が上がっていました。

frank8
こちらは、MX-5をベースにしたドライブ・シミュレーターです。
乗っている方は、この動画のナビゲーターの方です。

frank1
このからくり人形は・・・と言うと、現在、ヨーロッパで展開さている「Defy Convention(常識を突き抜ける)」キャンペーンのCMの中で出てくる人形です。
マツダの技術を支える日本文化の展示の一貫のようです。

ヨーロッパの「Defy Convention(常識を突き抜ける)」のキャンペーンについては、過去記事をご参照下さい。
【MFC】 マツダがヨーロッパで新しいブランド・キャンペーンを開始

frank7
既存車種は白系のもので統一しているようです。

frank6
こちらは、去年末から流行りだした3Dを取り入れた、CX-5の3Dシアターです。
3Dメガネを使ってCX-5を楽しむ趣向のようです。

frank5
今回の一番の目玉のCX-5です。そういえば今回はコンセプトカーが一台も無い。という規模の割には珍しいショーになりました。
ガイド役の方の背が高いのか展示の仕方のせいかCX-5が意外と小さく見えます。一応、CX-5は、CX-7よりも背が高く167cmなのですが・・・

frank4
CX-5のエンジンルームには、マーカーがあって、iPad をかざすと・・・

frank3
エンジン内部の動きを教えてくれる仕組みになっています。iPadは、ブースで貸してくれるようです。
拡張現実的な展示方法も、今回の展示の新機軸になっているみたいです。

frank2
「フランクフルトに来て、マツダのブースを見て下さい。ホール3.1でお会いしましょう」
と最期の決めぜりふです。

動画は以下からご覧になれます。

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )