HOME» マツダ・ニュース

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

昔の名作デザインを振り返る – 2008 MAZDA ロサンゼルス・オート・ショー KAAN – 還


少しまじめにブログ更新を続けてみようと思ったものの、早速ネタが・・・・
昔のものを取り上げてみます。

image

2008年11月に行われた、ロサンジェルス・オート・ショーのイベントとして行われた「デザイン・チャレンジ」で、MNAO (Mazda North Amerian Operations) のデザイン・チームが、「Mazda KAAN / 還 」で優勝しました。この”デザイン・チャレンジ”は、ホンダ、トヨタ、フォルクス・ワーゲンなどの南カルフォルニアの自動車会社の8つのデザイン・スタジオが競う形で行われました。

デザインにはお題があり、この時のお題は「2025年のモーター・スポーツ」というお題だったそうです。2025年のオートレースはどうなっていて、どんな車が使われているのか。を含めてデザインする。というものでした。Mazda KAAN は、レースで重要な、スピード、パワー、パフォーマンスと安全性を考慮して、「2025年の E1 レースを戦う」と言うコンセプトの元デザインされました。

mazda_08
動力は、道路に施設された伝導性ポリマーによって電気自動車に供給される。という想定です。
レース用の車ですので、個人が普段乗りする車。とはちょっと違うイメージのようです。

この架空の「E1レース」では、車は、個々のドライバーによって運転されるものの、30台の車からなるチームが同じトラックを走行します。
自転車競技のペレトン(集団)のように密集して走る事によってエアロダイナミクスにより、より効率的に走行できる事を想定しています。

2008 LA MAZDA KAAN - 還

電源を道路から供給される。という想定のためタイヤが独特のデザインになっています。

2008 LA MAZDA KAAN - 還
競技用なので1人乗りだと思われます。架空の「E1レース」では、30台からなる車がチームを組んでで争います。自転車競技のような感じがイメージされているみたいです。

2008 LA MAZDA KAAN - 還
MAZDA_05_0
ホイールの中になにかビビッときそうなものが・・機能的な意味は無いと思いますが、かっこいいです。

写真増量のギャラリーは、以下のリンクからどうぞ。

[ギャラリー] MAZDA KAAN / マツダ 還 | Mazda Fun Community

参考リンク

【ロサンゼルスモーターショー08】デザインチャレンジ…栄冠はマツダ | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)

こちらの記事もおすすめします
Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2012 ( Powerd by WordPress & bbPress )